大使館からお金を借りる

海外旅行に変えたことがある方は分かりますが、渡航先でトラブルに遭遇したり、何らかのアクシデントに見舞われ、「お金がない」という状態になることがあります。

日本国内にいるなら銀行から預金を引き下ろせばいいですが、海外ではそういうわけにも行きません。

ここでは、海外でお金が必要になったときの対処法についてご紹介したいと思います。


■日本大使館にお金の相談!

海外の渡航先でお金が必要になったときは、現地の日本大使館に相談することができます。

緊急性があると認められれば、その場で融資が認められることもありますし、国際送金やクレジットカードの緊急発行のサポートも受けられます。

海外で盗難やお金の紛失などのトラブルに見舞われると慌ててしまいがちですが、日本大使館に相談することで、「何をするべきか?」についても、サポートが受けられます。


■海外で盗難にあった場合の対処法について

海外で盗難にあった場合、生活に要するお金が必要ならもちろんですが、必要な手続きをとることも重要になります。

盗難にあった場合は、まず、クレジットカード会社銀行に連絡をし、カードの利用停止手続きをしなければなりません。

また、被害に遭ったことを遅滞なく警察に届け出ることも必要になります。

これら手続きは、落ち着いた精神状態のときは問題なくできますが、慌てていると手続きし忘れてしまう可能性もあります。

そのため、まずは日本大使館にお金やトラブルの相談をし、サポートを受けながら、銀行やクレジットカード手続きをするようにしたほうがいいでしょう。


■海外でのトラブルにも強いキャッシングとは?

海外でのトラブルにも強いキャッシングといえば、SMBCコンシューマーファイナンス株式会社の「プロミス」です。

プロミスは、日本国内に有人店舗21店、無人契約機1182箇所のネットワークで対応していますが、海外の営業拠点も45ヶ所あります。

日本の消費者金融の中では、最もグローバル展開している消費者金融であるといえます。

このブログ記事について

このページは、pjが2014年9月17日 10:02に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「大手消費者金融のモビット」です。

次のブログ記事は「初めての借り入れはプロミスでした」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。